バイナリーオプション暴露サイト

どうせなら、勝ちたいだろ?

タスケと学ぶフーセンガムの歴史

とりあえずお口直しと言えばガムだよな

食事の後とか、お口直ししたいときにガムは手っ取り早い気がするなぁ。

昔は板ガムしかなかったような気がするのだが、今は粒ガムまで出てきやがったぜぇ。


あとは、何と言ってもフーセンガムの存在だ!

懐かしいよなぁ・・・


ちょっと気になったので

ここで、フーセンガムの歴史でも調べてみるとするか!


フーセンガムの歴史を紐解く

フーセンガムの歴史を紐解くためには、まずチューインガムの歴史から見ていかないとな!

チューインガムの先祖は中央アメリカのマヤ族の文明までさかのぼる。

サポディラってぇ果実からとれた樹脂を固めたものをかむそうだ


これがマヤ族の滅亡後、インディアンに受け継がれ

さらに新大陸発見後はヨーロッパなどに広まっていったんだとよ!


そして、世界初の商品化に成功したのは1860年代のこと。

アダムスなる人物がチクルという名前で売り出した。


まるで、告げ口でもするかのような名前だよなぁ!


まぁ、そんなこんなですっ飛ばすと

日本では戦前からチューインガムの販売が行われていてすげぇなぁ・・・と

戦前どころか、明治40年に日本初のチューインガム(商品名:白龍)ができてたそうだがな!


さて、だらだらと続けてきて・・・

そろそろフーセンガムはどこいったと叱られそうだなぁ!


フーセンガムいつできたのさ?

まぁ、調べても正確には分からなかったんだが

少なくとも戦後すぐの昭和22年に製造され始めたらしい


かの有名なマルカワのフーセンガムもこのときに製造開始となったそうな!

昭和22年と言えば1947年。


フーセンガムの歴史として結論を言えば・・・

約70年もの古い歴史があるってわけだなぁ!!

タスケがオススメする安心して利用できる業者はここだ!

ハイローオーストラリア
  • 最低入金額が5,000円からだと?ただ安いだけじゃ安心はできねぇぞ?タスケもついに血迷いやがったか!
  • それが、兄貴…。ハイローオーストラリアならNeteller(ネッテラー)と呼ばれる決済方法で、入金も出金も迅速反映という話だそうで。
  • せっかく海外業者と取引しても、入金はおろか出金できなければ意味はないからな!そういう理由なら、この俺も納得がいくところだ…。タスケやりやがる…。
  • 最低入金額5,000円でコストを抑えられるぜぇ!
  • ネッテラーを利用した入出金反映は迅速確実!
  • 出金が確実にできる業者だからこそ、安心できるってぇ訳よ!!

タスケの日常 カテゴリの関連記事一覧

コメント

お名前


Mail


URL



GO TOP