バイナリーオプション暴露サイト

どうせなら、勝ちたいだろ?

ハイローオーストラリア スプレッドハイローの真実に迫る!

噂のハイローオーストラリアのスプレッドハイロー!

儲かるだとか、リスクたけーだとか噂のハイローオーストラリアのスプレッドハイロー。

真実はどうなってんのか?俺がきっちりシメてやるぜぇ!

ペイアウト率が2倍!


スプレッドハイロー取引画面

スプレッド幅が設定されて、その中だとハイとローの予想が当たったとしても
業者の取り分になっちまうが、ペイアウト率が高いのがスプレッドハイロー。

このペイアウト率なんだが、ハイローオーストラリアはなんと2倍!

これが儲かるって噂の原因だな!

他社スプレッドハイローじゃダメなのかよ!

もともと、日本国内では規制が入って、このスプレッド幅外(レンジ外)を設定することができねぇ。

だからスプレッドハイローで取引ができる業者自体がすくねぇのが現状だ。

その中でもペイアウト率2倍ってのは他にはほぼねぇと言っていい!

このメリットはでけぇ!

だが、その分、他よりもこのスプレッド幅が少し広く設定されてんだよな。

例えば他社幅が0.3pipsに対して、ハイローオーストラリアは0.1~0.8pips。

ここは考慮してぇところだなぁ!

pips ってのは取引レートの最小単位のことだぜぇ!
為替レートってのは通貨ペアによって円とかドルとか単位がバラバラでわかりにくいったらねぇだろ!?
そこで登場したのがこの「pips」だぜぇ!

70円40銭が70円50銭に値上たりしたとしたら、値上がりしたのは10銭だろぉ?
最小は1銭ってことになるから、1銭が1pipsってことになるんだよ。
じゃあ10銭は1銭の10倍だから「10pips」ってことになるんだなこれが!

儲かんのか!?儲かんねーのか!?

問題はこのスプレッド幅だな。幅から外れなきゃ利益は生まれねぇ。

つまりだ、そりゃあ変動がでかい相場でしか手を出さねぇほうが得策ってことだなぁ!

てことはよ、取引できる相場が限定されんだよな。だから、長い目でコンスタントにコツコツ考えてるやつは、自分のペースを取りやすい通常の取引を続けたほうがいいかもしんねぇ。

結論、いつでもかつでもぶっこむのはやめとけ!

ただ、全く存在を忘れちまうのはもったいねぇから、明らかに振れ幅がでかくなることが予想出来た時はガンガン狙っていかんなきゃもったいねぇぞ!


ハイローオーストラリア

この記事で紹介した業者はこちら

ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)
ハイローオーストラリア(Highlow-Australia)
入出金が確実かつ迅速に反映されるネッテラー(Neteller)に優先して対応した海外業者だぜぇ!その姿勢からも「入出金トラブル」に関する口コミが皆無なのは安心できるぜぇ!取引もペイアウト2倍のスプレッドハイローや短期取引(スプレッドオンデマンド)が提供されてるから、チャンスを最大限に活かす取引ができそうだなぁ。

タスケがオススメする安心して利用できる業者はここだ!

ハイローオーストラリア
  • 最低入金額が5,000円からだと?ただ安いだけじゃ安心はできねぇぞ?タスケもついに血迷いやがったか!
  • それが、兄貴…。ハイローオーストラリアならNeteller(ネッテラー)と呼ばれる決済方法で、入金も出金も迅速反映という話だそうで。
  • せっかく海外業者と取引しても、入金はおろか出金できなければ意味はないからな!そういう理由なら、この俺も納得がいくところだ…。タスケやりやがる…。
  • 最低入金額5,000円でコストを抑えられるぜぇ!
  • ネッテラーを利用した入出金反映は迅速確実!
  • 出金が確実にできる業者だからこそ、安心できるってぇ訳よ!!

コメント

お名前


Mail


URL



GO TOP